あなたも全身脱毛デビューしよう!

はじめての全身脱毛

全身脱毛って産毛まで剃る必要があるの?自己処理はどこまで必要?

「初めて全身脱毛を受けよう!」

とカウンセリングを受けたり、初めて脱毛サロンを予約した後・・・

「一体、産毛はどこまで自己処理する必要があるの!?」

と、疑問に思ってしまう人も多いはず!

後輩:ココ
確かに、ワキやVIOなんかの濃い毛は分かるんですけど、お腹とか太ももとか・・・ほとんど毛って生えてない産毛なんですよね。
そうだね、最初はどこまで剃って行くべきなのか分からない人も多いかも!
先輩:ララ

全身脱毛を受ける場合は産毛も全て剃って行く!

基本的に、全身脱毛を受ける場合は「産毛も含めて、全身の毛をしっかりと剃って行く」必要があります。

脱毛器が毛根に光の刺激をしっかりと与えないと脱毛できないため、産毛も剃らないと効果が薄まってしまうんですね。

それだと、せっかく脱毛に行ってももったいない!

また、産毛は特に「脱毛器が反応しにくい」と言われています。

だからこそ、目に見えにくい産毛であっても、毛根にしっかりと刺激を与えて効果を高めるために、自己処理して行く必要があるんですね♪

後輩:ココ
へ〜!バレないだろうから、ぶっちゃけ剃らなくても?と思ってました。笑

スタッフさんはプロだから分かるよ!笑
先輩:ララ
産毛もしっかり剃ってから、全身脱毛を受けるようにしよう♪
先輩:ララ

自分で届く範囲の産毛は全て剃って行く必要があるよ!

自分の手が届く範囲は、必ず産毛も含めて全身脱毛の場合は全身の毛を剃って行くようにしましょう。

太ももの裏などは鏡などでチェックしながら、剃り残しがないか確認して剃っていくのもおすすめ。

また、初めてだと「ここも!?」と思うかもしれませんが、お腹や胸の細かい産毛も剃って行くようにしましょう。

ただし、背中やうなじは自分で産毛を剃るのが難しい部分の場合・・・。

その場合は、家族に手伝ってもらったり、当日サロンのスタッフさんにシェービングをお願いするようにしてくださいね♪

後輩:ココ
お母ちゃんにお願いするかなぁ・・・
できるならそれがいいね!
先輩:ララ

忘れがちな顔の産毛もしっかり剃っていこう

全身脱毛の場合、最近の脱毛サロンだと「顔脱毛」も全身の脱毛箇所に含む場合が多いです。

その時、ついつい顔の産毛って剃り忘れが多いんですね・・・。

皮膚が薄くて肌が弱い部分なので、乳液などのクリームを塗ってから剃るようにすると、摩擦が少なく肌へのダメージも少なくて済みます。

後輩:ココ
顔の産毛!剃ったことないです!
え〜!産毛も剃って顔脱毛すると、毛穴が引き締まって肌のトーンがアップするよ!
先輩:ララ

全身脱毛で届かない部分の産毛はシェービングのサービスも

全身脱毛では、表から見えない部分も脱毛してくれます。

自分の手が届かない部分はサロンのスタッフさんがシェービングしてくれるので、無理に産毛を全て剃ろうとせずに、プロにお願いしてしまうのがおすすめです!

手伝ってくれる人がいない場合はスタッフさんにお願いしよう

手が届かない部分

  • 特に、背中・うなじ・お尻・Oライン(お尻の穴の周り)

・・・などは、自分の手が届かず、産毛を剃るのが難しい部分です。

特に、お尻なんかはカーブがあるので、家族や友達でも難しかったり、恥ずかしくてお願いできない場合もあるはず!

そう行った場合には、脱毛当日にサロンのスタッフさんがシェービングをしてくれます。

後輩:ココ
プロにお任せできるのはありがたい!
うん!その代わり、背中の産毛剃りはくすぐったいから覚悟してね♪
先輩:ララ

シェービングは一回無料〜1000円程度

シェービングのサービスは、脱毛のプランに料金が含んでいたり、料金を追加されたり・・・。

そのサロンやクリニック、または脱毛プランによって様々ですが、追加料金がかかったとしても1回1000円程度が相場です。

無理に届かない産毛を自分で処理するよりも、剃り残しをまとめてスタッフさんが剃ってくれる方が安心!

特に背中やお尻のカーブがある産毛を剃るのは慣れている人の方が安心なので、流血事件を起こす前に思い切ってお願いしてしまいましょう。笑

ただし、手の届く範囲も明らかに剃り残している場合、脱毛自体を断られる場合もあります。

後輩:ココ
1000円くらいって安いですよね!?
そうだね、ただ年間で考えると1万円超えちゃうから、シェービング代込みの方がトータルだとお得なんだ!
先輩:ララ

産毛を剃る時に気をつけるべきポイントは?

いざ!自分で産毛を自己処理しようと思っても、「普通にカミソリで剃って大丈夫・・・?」

と、不安な人もいますよね。

そこで、全身脱毛を受ける前の、産毛の自己処理についてポイントを押さえておきましょう♪

できるだけ電気シェーバーを使おう!

T字のカミソリやシェーバーよりも、なるべく電気シェーバーを使うのがおすすめです!

電気シェーバーはドラッグストアなどで安いものだと1000円くらいから購入でき、刃と電池を変えていけばずっと使うことができます。


ただし、あまり安すぎると切れ味が悪く、産毛も綺麗に剃れなかったりするので、なるべく3000円くらいのものを買うのがおすすめ。

後輩:ココ
ワキやVIOの濃い毛にも使えますか?
うん、産毛以外にも使えるよ!ただし、角度によって濃い毛の部分は、電気シェーバーでもT字の刃に変えるのがおすすめだよ。
先輩:ララ

保湿などをしっかりして肌を労ってあげて♪

産毛の自己処理を行なったあとは、肌を保湿したりして労ってあげましょう。

全身脱毛を受ける場合は、前日までに自己処理しておくのがおすすめ。

お風呂上がりなどにボディクリームなどで保湿するようにし、肌の乾燥や外部からのダメージを避けるようにしておきましょう。

また、当時は日焼け止めなども避けた方がベストですし、お酒で肌が赤くなったりするのもおすすめできません。

産毛のあるところも含み、肌は思っているよりもデリケートです。

特に、顔の薄い皮膚などは肌が傷みやすいので、顔の産毛を剃ったあとはスキンケアもしっかり行なってくださいね♪

後輩:ココ
どんなものを保湿に塗ってもいいんですか?
そうだね〜、できたらサラっとしたクリームやローションの方が、毛穴の詰まりがなくて済むからおすすめだよ!
先輩:ララ

背中やお尻を無理に除毛パッドなどは使わない方がベスト

背中やお尻の産毛に使う、除毛パッドってありますよね・・・。

スポンジ状のものでこすったりすると、産毛が絡まって抜けることにより、自己処理ができる便利なグッズです。

しかし、これらも肌への摩擦が多く、黒ずみや肌へのダメージを与えてしまうことに・・・。

絶対に使っちゃダメ!という訳ではありませんが、せめて脱毛前には使わない方がベスト!

色んなグッズを使って無理に自己処理するよりも、スタッフさんにお願いしてしまいましょう。

後輩:ココ
うわ〜!除毛パッドでゴシゴシやってた!
脱毛前は刺激が強いから、避けた方がベストだね
先輩:ララ

全身脱毛の時は産毛も剃っていこう!無理な場合はサロンへお願いしてみて♪

全身脱毛を受ける場合は、産毛もできるだけしっかり剃っていきましょう!

自己処理が不安だったり、背中などの手が届かない産毛は、サロンのスタッフさんにお願いするのがおすすめです。

普段見えない産毛まで・・・?

と思うかもしれませんが、ちゃんと自己処理をして、脱毛効果を高めてツルスベ肌を目指していきましょう♪

-全身脱毛, 自己処理
-

Copyright© はじめての全身脱毛 , 2019 All Rights Reserved.